偽装請負について<1>

偽装請負って言葉を聞く事がふえました。
とても根が深い問題ですので、一概にまとめられませんが、
簡単にいうとこういうことです。
スポンサードリンク


1.契約が請負契約である。
2.しかし実質は派遣形態である。


簡単に言うと以上2つだけです。
請負契約であるにもかかわらず、派遣形態であることを、
一般的に「偽装請負」と呼びます。
働いている立場になると、偽装請負なのかどうかは
実質派遣形態である為に、まったくわからないことが多いのです。

請負契約派遣契約の大きな違いの1つに
指揮命令者が誰なのかということがあります。
指揮命令者とは簡単にいうと「実際に指示をする人」を指し、
その人の所属する会社で「派遣」「請負」を
労働基準局は大まかに判断します。

では、いったいこれの何が問題なのか。
大きな問題のひとつに「責任の所在が曖昧になりがち」 ということがあげられると思います。

労災が起きたときはその典型で、
請負であれば依頼を受けている会社で全て処理しますし、
派遣であれば派遣先も何らかの形で書類を提出する義務がります。

偽装請負の場合、それ自体が曖昧で、違法の為に
労災にしろなんにしろ問題が起こったときの対応に困ります。
もっといと「隠そう」と、企業側がすることが多いのです。

労働者にとって大きな問題ですよね。
posted by 派遣丸 at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 派遣で働く
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23493905

偽装派遣とは?
Excerpt: 偽装派遣のブログをはじめました。よろしかったら来て見て下さい。
Weblog: 偽装派遣を知って欲しいブログ
Tracked: 2006-10-02 00:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。