複合業務と付随業務

「複合業務」の内容を明確化。朝礼、掃除、ごみ捨てなど8点。 厚生労働省が判断基準。

厚生労働省は3月末、あいまいだった派遣スタッフの「複合業務」に関す る判断基準を示した。「休憩、朝礼、ごみ捨て、掃除、後片付け、用紙の補 給、電話対応、書類整理」の8点は、期間制限のない「26業務」に含まれ る「付随業務」とした。これにより、事務用機器操作などの「26業務」と ともに、この8業務も期間制限を受けない業務として取り扱うことが明確化 された。
 「複合業務」とは「26業務」とそれ以外の業務(例:来客時のお茶だしな ど)とが混在している業務のことを指す。そして、「それ以外の業務」の中で は、「付随業務」と「付随的な業務」に分かれている。
 「付随業務」は「複合業務」と認識され、期間制限を受けることはない。 「付随的な業務」については、その割合が時間換算で1割を超えている場合 は、期間制限を受ける対象とされている。
 これまで、「付随業務」と「付随的な業務」の間に判別基準がなく、派遣 スタッフから「掃除はいいが、朝礼はどうなのか?」などの疑問が出てい た。今回、厚労省は上記8点について「付随業務」として扱う、との考えを 示し、判断基準を一応明確化した。
スポンサードリンク


 「26業務」については原則として派遣期間に制限はないが、3年を超え て派遣する場合、「それ以外」の業務については派遣期間が3年に定められ ているが、1年を超えて派遣する場合は、派遣先に雇用の申し込み義務が発 生し、本人の意思によっては派遣先が雇用しなければならない。
 このため、「26業務」か「それ以外の業務」かの判断が、直接雇用への 重大な判断材料となっていた。

出典:月刊人材ビジネス

※派遣丸の感想

ようやく線引きがされた。が、実質現場では1割という時間を換算することは非常に難しいのも現実。頼れる人には話をするが、断る人は期間満了で終了。なんていう横暴なクライアントも少なくない。ただし、業務を行う上で、「これだけやってればいい」「これは契約外」などといった、派遣スタッフをはたして企業側が欲するのかどうかは疑問だ・・・。
posted by 派遣丸 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣社員の基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25377680

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。