派遣女性「正規雇用せず突然解雇」

タイガー魔法瓶を提訴 

派遣女性「正規雇用せず突然解雇」 

大阪地裁




タイガー魔法瓶(大阪府門真市)で派遣社員として
5年以上同じ業務に従事した上、突然契約を解除されて
精神的苦痛を受けたとして、大阪府内の女性(30)が
26日、同社に慰謝料300万円と正社員としての
雇用などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。
契約解除は労働局が同社を指導した直後に行われており、
女性側は「解雇は労働局に申告したことに対する報復」
と主張している。

 訴状によると、女性は門真市の人材派遣会社を通じ、
平成13年9月からタイガーで勤務。
社員の指示を受けるなど実態は派遣なのに
請負契約を装った“偽装請負”が行われていた。
女性は昨年11月、大阪労働局に申告。
同局は労働者派遣法違反を認定し、
タイガーに行政指導を行った。

 同法は一定期間を過ぎた場合、
派遣先の企業に直接雇用する義務があると規定。
労働局による指導はこの趣旨を踏まえ、
女性の雇用の安定を図る前提で
派遣契約の解除を求めるものだったが、
タイガーは契約解除だけを行い、
女性を正規雇用しなかったという。

 提訴後、会見した女性は
「話し合いにも応じてもらえず、
悩みに悩んで提訴した」と話した。

 タイガー魔法瓶の話
 「訴状を見ていないのでコメントできない」


※派遣丸の勝手な思い

難しい問題ですね。これ。基本的に企業にとって
訴訟してくる人材を素直に受け入れるとも思えませんし、
かといって、この女性の言い分は正論なわけですから。
ただ、経験ですが、訴えたり、突っかかってくる人ほど、
自分勝手な解釈をされることも多く、
長年勤務をしている割に、業務自体の戦力にならない
ことも多いのも事実です。

どういった方かまったくわかりませんので、
一概には言えませんけどね。
万が一、とてもよくできる人だったとしたら、
こうなる前に正社員に雇用する気がします・・・。
posted by 派遣丸 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Excerpt: タイガー魔法瓶タイガー魔法瓶株式会社(タイガーまほうびん、''Tiger Corporation'')は大阪府門真市速見町に本社を置く魔法瓶・家庭用電化製品のメーカーである。その他炊飯器、ポット、調理..
Weblog: 大阪企業2
Tracked: 2007-10-01 04:39

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。